Story

近年、多くの企業が社員食堂を導入しています

社員食堂は、外食や弁当よりも費用が抑えられるほか、健康的なメニューが揃っているため従業員に人気があります。

さらに、企業にとっては社員のモチベーションアップ、福利厚生としての食事補助制度として採用力の強化、優秀な人材の流出阻止にもつながっており、多くの企業が社員食堂を導入開始しています。

3人に1人が、 食事補助の福利厚生が良いと答えている

調査によると、「会社の福利厚生として良いと思うものはなにか?」という質問に、3人に1人が「食事補助」と答えています。

このように社員食堂のような食事補助の福利厚生制度が従業員の間で人気になっています。

社員食堂を作らずとも食事補助制度を設けるために

しかし、実際に自社に社員食堂を設けようとすると、一部例ですが総工費は約1億円、月の運営費は約2000万円と多額の費用がかかるため一部の大企業にしか導入されておりません。

そこで私たちは、社員食堂を作らずともすべての企業が従業員に食事補助制度を設けられる「どこでも社食」を考えました。

このサービスを通して、すべての企業が負担なく、“社食“を利用出来るようになればと願っています。