近くのレストランを
「社食」として利用できる
どこでも社食

すべての企業が容易に・負担なく“社食”を実現できるように

近年、節約・健康志向の高まりから多くの企業が社員食堂を導入しています。

しかし、実際に自社に社員食堂を設けようとすると多額の費用がかかるため一部の大企業にしか導入されておりません。そこで私たちは、社員食堂を作らずともすべての企業が社員に食事補助制度を設けられる「どこでも社食」を考えました。

“社食”のメリット

従業員の満足度アップ

食事補助は従業員人気が高いため、既存従業員の満足度アップや、新規採用強化に役立ちます。

コミュニケーションの活性化

食事補助の制度があれば、ゆっくりと外食する機会も増えるため、ランチ時間を通して従業員間のコミュニケーション活性化につながります。

健康経営の促進

節約という理由から、健康的な食生活を取れていない従業員へ対し、健康的な食生活を促すことができます。

様々な企業で導入されています

どこでも社食を導入してから社内交流が活発になりました!

メルカリには、食事の機会を活用した様々な制度があり、 「チームワーク強化」や「他部署との連携強化」にとても役立っています。また、採用候補者との会食にも利用する等、様々なケースで「どこでも社食」を活用しています。

ランチの選択肢が一気に増え従業員一同とても助かっています!

これまではカップラーメンや、サンドイッチ等の軽食でランチを済ませる従業員が多かったですが、会社から補助が出るようになった今は、バランスの取れた食事を取る従業員が増えました。気分転換がてら外でランチを取る従業員も増えるなど、多くの面で業務にプラスに働いていると実感しています!

クーポンの使い方

1
提携店舗で食事
従業員の皆さんは、提携店舗で食事します。加盟店舗はアプリで簡単に検索できます。
2
アプリを提示
アプリでクーポン画面を表示して店舗のスタッフに提示してください。
3
お支払い
どこでも社食限定の、クーポン適用後の価格でお食事代を店舗にお支払い。

料金について

従業員数や食事補助の金額に応じたプランをご用意しています。詳しくはお問い合わせください。

導入の流れ

  • 1

    お問い合わせ

    WEBまたはお電話にてお問い合わせください。

    お問い合わせ
  • 2

    お打ち合わせ

    お打ち合わせにて食事補助の金額や提携レストランを決定します。

  • 3

    利用開始

    従業員が食事補助を受けられるようになります。